プロダクト・サービス

水質分析計

フォトメーター P15プラス携帯型水質分析計

  • 特徴
  • 概要
  • 取扱方法
  • 仕様
  • 製品ラインナップ

フォトメーターP15プラスは、残留塩素、二酸化塩素、オゾン及びpH値を正確で迅速に測定ができます。イソシアヌル酸のような有機塩素剤が滅菌に使用された場合、シアヌル酸濃度を測定することができます。フォトメーターP15プラスは広く使用できる低価格な分析計です。

特徴

  • ●最新マイクロプロセッサ技術
  • ●ケース内に完全収納
  • ●長期安定LED
  • ●大型デジタル指示
  • ●自動ゼロ点調整
  • ●簡単操作
  • ●簡易テスト型計器
  • ●長期間安定試薬の使用
  • ●すぐれたコストパーフォーマンス

ページトップへもどる

概要

品名
フォトメーターP15 プラス 1
ネジストッパー付10ml ガラス試験管 3
NO.1DPD 錠 50
NO.3DPD 錠 50
フェノールレッド/ フォトメーター錠剤 50
シアヌル酸錠 50
9V バッテリー 1
攪拌棒 1
洗浄ブラシ 1
キャリングケース 1
簡潔な操作説明書 1
取り扱い説明書 1

操作を簡略化するための液状DPD試薬もあります。

フォトメーターP15プラスはコンパクトで簡単に使用できる分析計です。金属箔製キーボードは耐酸、耐溶剤性で飛沫水防止ケースに収納されています。光学系統は防水構造となっています。電源は9V標準電池を使用します。

Wallace & Tiernan製フォトメーターP15プラスキットは右表のもので構成されています。

ページトップへもどる

取扱方法

サンプル水を入れた試験管をセルにセットしZERO/TESTボタンを押せば自動的にゼロ点が決まります。その後試験管をセルから取り出してサンプル水に試薬を加えます。発色が進んでから再度試験管をセルに入れます。ZERO/TESTボタンを押すことにより測定は正確に行われ測定結果が指示されます。付属の試薬を順次加えることにより遊離残留塩素と結合型残留塩素の区別ができます。指示レンジを外れる場合の様な「誤指示」を自動的に認識することがフォトメーターP15プラスの特徴です。バッテリーの消耗状況、光学部分の汚れ及びサンプル水の高濁度等の情報はLCD画面上に表示されます。

ページトップへもどる

仕様

  測定レンジ 測定精度 最小測定値
残留塩素 0.05~0.10mg/l ±0.05mg/l 0.01mg/l
0.10~0.20mg/l ±0.1mg/l
0.20~0.30mg/l ±0.2mg/l
0.30~0.40mg/l ±0.3mg/l
0.40~0.60mg/l ±0.4mg/l
二酸化塩素 0.1~1.9mg/l ±0.1mg/l 0.01mg/l
1.9~3.8mg/l ±0.2mg/l
3.8~6.7mg/l ±0.4mg/l
6.7~7.6mg/l ±0.6mg/l
7.6~11mg/l ±0.8mg/l
オゾン 0.03~0.67mg/l ±0.03mg/l 0.01mg/l
0.67~1.3mg/l ±0.07mg/l
1.3~2.0mg/l ±0.13mg/l
2.0~2.7mg/l ±0.20mg/l
2.7~4.0mg/l ±0.27mg/l
シアヌル酸 1.0~80.0mg/l ±5mg/l ±1mg/l
pH 6.5~8.4 ±0.1pH ±0.01pH
ディスプレー 3-1/2デジタル表示、mg/l及びpH値を直接表示
操作 耐酸、 耐溶剤性のキーパッド
測定周期 約3秒
電源 9Vバッテリー(標準)
不動作時間 最後のキーボードデータ入力後10分間
使用環境温度 約0~40℃
使用環境湿度 約30~90%(結露しないこと)
寸法
フォトメーター本体 55mm(W)×190mm(H)×110mm(D)
ケース 95mm(W)×280mm(H)×230mm(D)
重量
フォトメーター本体 0.35 kg
フォトメーター本体及びケース 0.9 kg
光学システム 温度補正LED、フィルター528nm、保護セル内にフォトセンサー増幅器

ページトップへもどる

製品ラインナップ

お問い合わせはお気軽に TEL.078-652-3151 FAX.078-652-3150

お問い合わせはお気軽に TEL.078-652-3151 FAX.078-652-3150

ページトップへもどる