プロダクト・サービス

FRPバルブ

FRPバルブ

  • 特徴
  • 製品ラインナップ

FRP材は船体、屋根の防水工事やプール、タンク、車の部品、配管などに多く使用されています。それはFRPが耐食性、耐電蝕性に非常に優れており、サビや腐食の心配のある金属の弱点を解消してくれる素材だからです。また硫酸、塩酸、苛性ソーダなどの強酸・強アルカリに侵されないので、耐用年数も金属に比して長期間使用可能です。

特徴

FRP バルブは3つの大きな特徴を挙げることができます。

  • ●高い耐食性
  • ●耐薬品性
  • ●軽量

FRPの高い耐食性はどんな他の素材のバルブと比べて、湿度の高い地域、海洋環境等の厳しい環境下での使用を可能にします。
またバルブ本体の樹脂(エポキシ、ビニルエステル、フラン)を選ぶことにより色々な用途 に使用できます。

Epoxy(エポキシ)

高分子内に残存させたエポキシ基でグラフト重合させることで硬化可能な熱硬化性樹脂の総称です。グラフト重合前のプレポリマーと硬化剤を混合して熱硬化処理を行うと製品として完成します。

Vinyl Ester(ビニルエステル)

変性エポキシ樹脂の一種で、エポキシ樹脂の持つ高強度、靭性、耐アルカリ性といった特長をもつ一方で、エポキシ樹脂よりも硬化速度、低温硬化性、低粘度といった作業性、耐薬品性の幅広さ(耐酸性、耐溶剤性)に優れた樹脂です。また、耐衝撃性、接着性等の物性や光硬化特性、耐水性にも優れており、耐食、化学土木、電子材料など、様々な分野で使用されています。

Furan(フラン)

フラン樹脂は、耐酸・耐アルカリ性に優れているとともにテトラヒドロフラン、n-メチルピロリドン、ジメチルスルホキシド等の各種有機溶媒に対する溶媒耐性の優れた樹脂です。フラン樹脂バルブは主に製薬工場や化学下水配管ラインで使用されています。

<注>
FRPとはガラス繊維強化プラスチックでGRP(ガラス繊維強化プラスチック)やCFRP(carbon fiber reinforced plastics)等の総称ですがGRP(ガラス繊維強化プラスチック)、FRTP(ガラス繊維強化熱可塑性樹脂)、GRTP(ガラス繊維強化熱可塑性樹脂)を指すこともあります。

ページトップへもどる

製品ラインナップ

樹脂性バルブ
樹脂性バルブ
ウエアー式ダイヤフラムバルブ
ウエアー式ダイヤフラムバルブ
スイングチェックバルブ
スイングチェックバルブ
二重構造式バルブ
二重構造式バルブ

お問い合わせはお気軽に TEL.078-652-3151 FAX.078-652-3150

お問い合わせはお気軽に TEL.078-652-3151 FAX.078-652-3150

ページトップへもどる